movie

3年目を迎える夏の行事「恋あかり」。
仲良し3人組が川越を存分に味わいました。
古き良き風情を残しながらも、時代とともに洗練されていく川越で、
歴史や暮らしの余韻を感じながら、大切な人とこの夏の川越を楽しんでみてはいかがでしょうか。

恋あかり
神社のあかりを、まちへ

今からおよそ1500年前、川底の光を祀ったことに始まるとされる川越総鎮守、氷川神社。
川越氷川神社と「光」は創建の昔から密接な関係にあります。
やわらかな光には、ひとの心を和らげる力があるのでしょう、
江戸風鈴は境内のあかりに照らされ、夜もやさしく参拝者を迎えます。
「恋あかり」は、それぞれの想いをぼんぼりに灯して、川越の夏の夕景を楽しんでいただく行事です。
あかりを手に歩いていくと、今もひっそり息づく小江戸の歴史や文化が、
夕暮れのまちにふわりと浮かびあがってくるかもしれません。
たいせつなひとと一緒に、ぜひお越しください。

川越氷川神社宮司 山田禎久

神社のあかりを町なかに拡げていきたい、という思いを「恋あかり」という言葉に込めて、
地元企業であるコエドブルワリー(株式会社協同商事)、kawagoe premium(株式会社櫻井印刷所)と
ともに実現していきたいと考えています。

川越氷川神社

今から約千五百年前、古墳時代に創建されたと伝えられています。
長禄元(1457)年、太田道真・道灌父子によって川越城が築城されて以来、
城下の総鎮守として歴代城主により篤く崇敬されました。
ご祭神として夫婦・家族の神様を祀ることから、
古くより縁結びの信仰を集めてきました。

縁むすび風鈴 7月6日(土)~9月8日(日)

涼やかな音色を奏でる鮮やかな風鈴に、想いを綴った木の短冊をむすびましょう。 風を見、聴き、感じる。川越氷川神社の風情感じる夏の祭事です。

恋はなび 7月27日(土)〜 ※毎日先着100本

持ち手が二つある線香花火「恋はなび」。儚い炎の揺らめきにふたりの想いを馳せましょう。 花火が終わったら持ち手を指に結び合うのも素敵。
頒布時間:9時~ 初穂料:300円
※頒布は1組につき1本となります。また、1日分の用意数がなくなり次第終了とさせていただきます。

歌占

川越氷川神社境内には柿本人麻呂神社があります。万葉の歌聖と呼ばれた人麻呂にちなみ、境内では「歌占」が頒布されています。 男性の詠んだ恋の和歌、女性の詠んだ恋の和歌をそれぞれ引いて、大切な人と交換してみましょう。
初穂料:200円
※歌占の札や封筒は、デザイン等変更になることがあります。

コエドブルワリー(株式会社協同商事)

Beer Beautifulをコンセプトとして掲げ、川越産さつま芋(紅赤いも)から醸造した紅赤-Beniaka-を筆頭に、日本の職人達による細やかなものづくりとビール本来の豊かな味わいの魅力を世界に発信。
地域の農業の魅力と共に日本のクラフトビールとして、世界から高い評価を受けています。

「恋あかり」限定ビール

期間中、川越市内各所において販売いたします。
※店舗の更新情報などは、コエドブルワリーHPをご覧ください。

紫の雲-Murasakinokumo-Lavender Wheat Ale
小麦由来の柔らかい口当たりに、ラベンダーの爽やかさと華やかさを感じられるハーバルなアロマが特徴のラベンダーウィートエール。 苦味を抑え、アルコール分も低くすることで、飲みやすいビールに仕上がりました。
華束-Hanataba-Hoppy Pale Ale
川越の市の花である「山吹」をイメージして起用した、フローラルなアロマを持つホップによる華やかなアロマを感じられるホッピーペールエール。きれいな苦味とバランスした軽快なボディ感で、暑い日が続く季節にゴクゴクと飲んでいただけるような爽快なビールです。

kawagoe premium(株式会社櫻井印刷所)

大正13年創業。オフセット印刷事業。
社内にグラフィックおよびエディトリアルデザイナーを抱え、企画・制作から印刷・製本までの一気通貫の提案を特徴としている印刷会社です。

kawagoe premium

「小江戸にくるひと、住まうひと。」をコンセプトに、2015年10月に創刊したフリーマガジン。 第3号では、「日本タウン誌・フリーペーパー大賞2016」において大賞を受賞しました。

コエドノコト

小江戸川越の魅力に惹かれてやってくる人たちと、ここに日々暮らしている人たちに向けて、 川越の観光、暮らしを楽しみより便利で快適にするお役立ちアプリを運営しています。

「恋あかり」movie 制作、パンフレット制作、SNS 発信など各種制作を行っています。

川越氷川神社までのアクセス

電車・バス
JR・東武東上線「川越駅」から
  • 東武バス 1番乗り場 「喜多町」で下車、徒歩5分
    7番乗り場 「川越氷川神社」で下車、徒歩0分
  • 小江戸巡回バス 「氷川神社前」徒歩0分
西武新宿線「本川越駅」から
  • 東武バス 5番乗り場 「喜多町」で下車、徒歩5分
    「川越氷川神社」で下車、徒歩0分
  • 小江戸巡回バス 「氷川神社前」徒歩0分
お車
関越自動車道 川越I.C.から約20分※駐車場は大変込み合い、ご利用できない場合がございます。
期間限定のバス・タクシー
周辺ガイド
むすびcafé

川越氷川神社の隣、氷川会館にあるカフェ。
「むすび」をテーマに、木がふんだんに使用された温もりを感じる空間で、ゆったりとお食事やケーキなどを楽しむことができます。

氷川神社 旭舎文庫

かつて地元の子供たちに親しまれていた駄菓子店の建物を、氷川神社が改修しました。川越北部の観光案内所として立ち寄れるスポットで、川越の郷土について学べます。

ヤオコー川越美術館

2012年開設され、日本を代表する建築家の伊藤豊雄氏が設計しました。故三栖右嗣の作品をコレクションしており、常時展示しています。

川越市立博物館

川越が繁栄した江戸時代から明治時代を中心に、縄文時代から現代までの川越の歴史を始め、川越のお祭りや伝統産業などの展示をみることができます。

川越市立美術館

川越城二の丸跡にある川越市立美術館は2002年に開館しました。常設展示では、川越にゆかりのある作家作品を展示しています。7月20日(土)〜9月8日(日)[特別展]ゆかた浴衣YUKATAが開催されます

川越城 本丸御殿

1848年に時の藩主松平斉典(なりつね)が造営し、明治維新後次第に解体されていきましたが、玄関部分と移築復元された家老詰所のみ現存しています。埼玉県指定文化財です。

三芳野神社

氷川神社の兼務社。川越城の鎮守として1624年、後の城主酒井忠勝によって再建されたとされており、わらべ唄の「とおりゃんせ」発祥の地といわれています。

川越スカラ座

埼玉県内で最も古い映画館「川越スカラ座」。 期間中、恋愛映画だけではなくさまざまな作品を上映します。 家族、恋人、友人など大切なひとと一緒に観る素敵なひとときをお楽しみください。

休館日:火曜
運営:NPO 法人プレイグラウンド TEL:049-223-0733

    上映作品
  • 愛がなんだ
  • ドント・ウォーリー
  • 映画 きかんしゃトーマス Go!Go! 地球まるごとアドベンチャー
  • グリーンブック
  • 野火
  • この世界の片隅に
  • クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅
  • 誰がために憲法はある
  • 主戦場
※上映作品は変更となる場合があります。上映時間等の詳細は、HPをご確認ください。

ゆったりと、展示を見るのもいかが?  【特別展】ゆかた 浴衣 YUKATA -夏を涼しむ色とデザイン-

川越市立美術館
7月20日(土)~9月8日(日)
前期:7月20日(土)~8月12日(月・祝)/後期:8月14日(水)~9月8日(日)

江戸から現代に至るゆかたの魅力をデザイン性と遊びの要素から紐解きます。 くつろぎの中に見出される洗練された意匠美をご堪能ください。 実際に浴衣を着て、見学してみてはいかがでしょうか?
期間中、浴衣で行くと入館料2割引。
(写真:白紅梅織地朝顔麻葉模様浴衣、昭和時代(20世紀前半)、東京都江戸東京博物館【前期展示】)

川越氷川神社で作品を奉納  【特別展示】氷川神社奉納記念 花村えい子展

氷川神社 旭舎文庫(あさひのやぶんこ)
7月6日(土)~ 9月8日(日)

川越市生まれで少女漫画のパイオニア、レディースコミックの 先駆者として活躍してきた漫画家・花村えい子さんが、 「恋あかり」をイメージして描き下ろした作品を、川越氷川神社に奉納。 あわせて、旭舎文庫(志多町)での特別展示が実現しました。 2020年夏には、川越市立美術館で画業60周年の原画展の開催も予定されています。

漫画家 花村 えい子

埼玉県川越市生まれ。(社)日本漫画家協会理事 名誉会員。フランス国民芸術協会(SNBA)正会員。1959年、貸本向け単行本「虹」(金園社)に『紫の妖精』でデビュー。 その後、「なかよし」、「少女フレンド」(ともに講談社)、「週刊マーガレット」(集英社)、「少女コミック」(小学館)などで連載を持ち活躍。文房具のキャラクターや ぬりえ、着せかえ人形が当時の女の子に人気を博し、ブームを呼ぶ。1975年頃からレディースコミックで連載をはじめ、大人も楽しめる作品を発表。連城三紀彦、 内田康夫などの文芸作品を原作とする作品も数多く手がける。今年で画業60周年。
撮影協力
川越氷川神社 川越城本丸御殿 丸広百貨店 川越スカラ座 むすびcafé
着付
レンタル着物かんだ
衣装協力
呉服かんだ